シックス・シグマコンサルタントインターナショナル株式会社


シックス・シグマは、企業が「不良品ゼロ」を目指すために採用する品質改善のための方法論です。不良品の率を測定・追跡することで、欠陥の根本原因を特定し、不良品の発生率を劇的に削減するための統計的工程管理(SPC)手法に端を発しています。シグマとは、標準偏差の数値を表す数学的用語であり、100万の機会に対し約3.4の不良品・欠陥が発生した場合の標準偏差が6シグマとなります。いわば、”ほぼ完璧”に近い状態といえます。

SPCはもともと製造業界が用いていた手法であるが、SPCにせよシックス・シグマにせよあらゆる業界に適用でき、対象が物理的な製品を製造していなくとも、あるいはサービスを提供する組織であっても、適用が可能です。シックス・シグマのプロセスは事業のあらゆる局面を抱合するものであり、適切に適用・管理されれば、品質の問題に対応するために企業が費やす時間と費用を大幅に削減できます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
CIIでは、お客様の状況に応じた各種のコンサルティングプランをご用意しております。
コンサルティングプラン

試験所・校正機関向け品質マネジメントシステム ISO・IEC 17025
食品安全マネジメントシステム GFSI承認スキーム
規格改正情報 AS9100/IATF16949

Copyright(c) 2014 コンサルタントインターナショナル株式会社 All Rights Reserved.