ISO22000(食品安全)コンサルタントインターナショナル株式会社


ISO 22000(FSMS)は食品安全危害を管理することによって、安全な食品を供給するためのマネジメントシステム規格です。

食品製造工程に限らず、フードチェーン(畑から食卓まで)に属する各流通過程の管理も含まれるため、「外部コミュニケーション」が重要となり「危機意識」、「モラルとルール」、「徹底」が強く求められています。CIIでは各規格を通じたリスクマネジメントの経験を生かし、「良品の中にある食品安全の不確かさや不具合のリスク」の自覚を徹底し、隠蔽、改ざんなどを防止する内部統制の効くマネジメントシステムを構築します。

ISO22000とは

■ 食品安全危害を管理することによって、安全な食品を供給 するためのマネジメントシステム規格
■ フードチェ-ンに属する組織の管理が必要

ISO22000の目的

■リスクマネジメント(食品の安全側面)
・消費者からの信頼確保と永続的な維持
・トレーサビリティ
・予防ありきの企業風土づくり
■食品関連企業としてのコンプライアンス経営
・不祥事防止の仕組みつくり
・食品関連法遵守
■フードチェーンサプライヤーの必須条件
・食品安全の連鎖

ISO22000のコンセプト


 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇

CIIでは、お客様の状況に応じた各種のコンサルティングプランをご用意しております。
コンサルティングプラン

試験所・校正機関向け品質マネジメントシステム ISO・IEC 17025
食品安全マネジメントシステム GFSI承認スキーム
規格改正情報 AS9100/IATF16949

Copyright(c) 2014 コンサルタントインターナショナル株式会社 All Rights Reserved.